ホーム  >  サービス  >  ホスティング  >  共用ホスティング  >  メールサーバレンタルサービス

メールサーバレンタルサービス

  • ご提供プラン
  • 料金表
  • お申し込み方法
  • FAQ

ご提供プラン

サービス仕様

【標準メールアドレス1アドレス/容量100MB】
現在のインターネットにおける電子メールは、社内外の連絡手段からマーケティング・受発注などビジネスシーンには不可欠なものとなりました。メールサーバレンタルサービスでは、独自ドメインのメールアドレスが利用できるメールサービスを低価格でご提供致します。
【メール保存期間(1メールアドレス毎)】
50日間
※50日間を越えたメールでサーバーに残されたメールは未読・既読に関わらず消去されます。

ページの先頭へ

メールアドレス作成時のルール

※追加に関しても同様の設定基準が適用されます

メールアドレス:【アカウント】@【ドメイン名】

【アカウント】
  • 2文字以上15文字以内
  • 記号の利用:「-(ハイフン)」「.(ピリオド)」「_(アンダースコア)」の3種がご利用可能
  • メールアドレスアカウントはすべて数字での設定も可能です。
  • メールアドレスアカウントの先頭に記号を設定することはできません。(例 -abcd@)
  • メールアドレスアカウントの最後を記号にすることはできません。(例 abcd-@)
  • メールアドレスアカウントに記号記号と続けて設定することはできません。(例 a--bcd@)
  • 半角英数字は小文字での登録となりますので大文字はご利用できません。
【パスワード】
  • 8文字以上16文字以内
  • アカウントとパスワードが同じものは利用できません。
  • 半角英数文字とキーボードから直接入力可能な半角記号(例:!#$%&-@? etc...)
  • 大文字と小文字は区別しますのでご注意ください。

ページの先頭へ

利用可能な独自ドメイン名

  • 地域型・属性型ドメイン
    [co.jp] [ne.jp] etc..
  • 汎用JPドメイン
    [英数字.JP](日本語.JPは利用不可)
  • gTLDドメイン
    [.com] [.net] [.org] [.info] [.biz](日本語.COM等の多言語ドメインは利用不可)

ページの先頭へ

オプションサービス

迷惑メールフィルタリングサービス

【サービス概要】
  • 着信したメールを自動認識し、意図しない勧誘や嫌がらせなどの「迷惑メール」の振り分けをおこなうサービスです。
  • 振り分けされたメールは別のサーバに隔離され、専用ページで確認することが可能です。誤って迷惑メールと判定された場合でも、受信することが可能です。
【特長】
  • お客様側でソフトウエアを導入する必要はなく、高精度なフィルター機能を簡単・手軽に導入いただけ、「多量の迷惑メールの駆除に時間を取られ、仕事が進まない」というお客様に最適のサービスです。
  • 弊社が定めた基準に加え、業界随一の検知精度を実現するシマンテック社製 「Symantec Brightmail AntiSpam(シマンテック ブライトメール アンチスパム)」を備え、迷惑メールやフィッシング詐欺メールを自動判別、振り分け管理を高精度で実現します。
【注意事項】
※お申込みの前に下記注意事項をご覧ください。注意事項に同意していただきましたら、申込書にてお申込みください。
  • ご利用いただく為には、お申し込みいただき、弊社からの通知書到着後に、専用ページにて利用するメールアカウントの登録作業が必要となります。
  • 専用ページで本サービスの利用設定後にサーバへ到着したメールより、迷惑メール判定結果が反映されます。
  • 受信したメール内容を実績のある迷惑メールデータベースを利用して分析し、迷惑メールか否かを自動判定するサービスです。100%迷惑メールを判定(検出)できるわけではございません。また、受信したメールの内容によっては、誤って迷惑メールと判定してしまう可能性もあります。
  • 本サービスをご利用される場合、DNSのMXレコードを変更させていただきます。弊社DNSをご利用されていない場合は、フリービット クラウドインフラ コンサルティングセンターまでご相談ください。
  • お申込みにつきましては、10メールアドレス単位となります。
  • 迷惑メールフィルタリングサービスはオプションサービスです。メールサーバレンタルサービスのご契約が必要です。
迷惑メールチェックサービス

※お申込みにつきましては、ドメイン単位となります。
※お申込みの前に注意事項をご覧ください。注意事項に同意していただきましたら、申込書にてお申込みください。

【サービス概要】
  • 本サービスは不要なダイレクトメールや嫌がらせのメールなど、受信したくない「迷惑メール」をサーバー側で自動判定しチェックすることを目的としたサービスです。
  • 「迷惑メール」と判断したメールには、ヘッダーに「X-DTI-Spam-Flag:」という情報や、件名(Subject:)の前に「[meiwaku]」と付加されますので、メールソフトで簡単に迷惑メールを振り分けることができます。

    ヘッダー情報 ⇒ 「X-DTI-Spam-Flag:」が付加されます
    件名 ⇒ 件名(Subject:)の前に「[meiwaku]」と付加されます
【特長】
  • サーバー側で自動判定しますので、お客様側で本サービスに関しますソフトウェアのインストール作業は必要ありません。
  • メールアドレス毎にチェック方法を選択することが可能です。
【注意事項】
  • サービス申込書にてご申請いただいた後、お手元に設定完了通知書が到着しましたら専用ページへアクセスし、メールアドレス毎に迷惑メールチェック機能のご利用を設定していただく必要がございます。
  • 専用ページで本サービスのご利用を設定後にサーバへ到着したメールより、迷惑メールのチェック結果が反映されます。
  • 本サービスは、受信したメール内容を実績のある迷惑メールデータベースを利用して分析し、迷惑メールか否かを判定するサービスです。100%迷惑メールを判定(検出)できるわけではございません。また、受信したメールの内容によっては、誤って迷惑メールと判定してしまう可能性もありますので、予めご承知ください。
  • 転送サービスをご利用され、弊社のメールサービスから他のメールアドレスへ転送される際も、迷惑メールのチェック結果が反映されます。
  • ドメイン単位でのお申し込みが必要となり、本サービス利用有無に関わらずドメイン配下の全アカウント数でご請求させていただきます。
  • 本サービスでチェックされたメールをお使いのメールソフトで振り分けるには、メールソフトでの設定が必要です。代表的なメールソフトでの設定はこちらをご覧ください。
ウイルスチェックサービス

メール送受信時におけるウイルスチェックサービスです。
※お申込みにつきましてはドメイン単位となりますが、オンラインツールにて、受信時におけるチェック内容をメールアドレス毎に変更することが可能です。
※お申込みの前に注意事項をご覧いただき、同意していただきました上でお申込みください。

【サービス概要】
  • 本サービスはウイルスの主要な感染源の一つであるメールを弊社のサーバー上でチェックするサービスです。
  • ウイルスのチェックは、株式会社シマンテックのスキャンエンジンを利用して最新のウイルス情報をもとに行います。
  • ウイルス感染を検出した場合には、メールを破棄することにより危険なメールがお客様のコンピューターに届かないようにします。
  • また送信時のチェックにも対応。メールを送信する際にウイルスチェックをおこなうことにより、誤ってウイルスメールを送信し他人に被害を及ぼすことを防止できます。
【特長】
  • お申込みだけでご利用になれます。お客様側でのインストール作業等は必要ありません。
  • 自動的に最新のウイルスに対応しますので安心です。
  • 会社のパソコンでも家のパソコンでもウイルスチェック済みのメールを受信できます。
  • ウイルス感染メールを破棄したことを報告メールにて確認できます。
【注意事項】
  • お申込み前から弊社のメールサーバー上に保存されているメールはチェックの対象になりません。
  • ウイルスによっては検出できない場合もございます。
  • 添付ファイルの内容によっては、ウイルスと判断してしまう場合があります。
  • 本サービスで破棄されたメールは復元できません。
  • 本サービスをご利用の場合、サイズの大きなメールもウイルスとみなされるため、1通あたり5MB以上のメールは破棄されます。
  • 本サービスをご利用の場合、分割して送信されたメールはウイルスとみなされるため破棄されます。
  • 展開すると100MB以上になるファイルが含まれている場合は、ウイルスとみなされるため破棄されます。
  • Mac OS上で動作するウイルスは一部のマクロウイルスを除きチェックできません。
  • HTMLメールの中には、直接サーバーからデータを取得するものがありますが、そのデータ内のウイルスについては検出することができません。
  • 転送サービスではウイルスチェック前に転送がおこなわれます。
  • 送信時チェックをご利用いただく場合は別途メールソフトの設定が必要です。
  • 設定はこちらをご覧ください。
DTI Tools

ブラウザソフトから弊社のメールサーバにアクセスできるWebツールです。

DTI Tools
【利用環境】
  • Windows
    • OS:windows 98/Me/2000/XP
    • ブラウザ:Microsoft InternetExplorer 5.0以降、Netscape Navigator 4.75以降
  • Macintosh
    • OS:Mac OS 7.5.5以降
    • ブラウザ:Microsoft InternetExplorer 5.0以降、Netscape Navigator 6以降

DTITools携帯電話をご利用いただくとメールの送受信が携帯電話だけで可能となります。例えば電車の待ちの時間や、ちょっとした休憩時間などにパソコンで利用しているメールアドレスでの送信ができます。

【利用環境】
  • NTTドコモ
    • DoCoMo iモード対応HTML2.0以降 ※501iシリーズではお使い頂けません。
  • KDDI au
    • au WAP2.0対応端末以降(A5000/C5000/A3000/C3000/A1100シリーズ以降)
  • ソフトバンク
    • J-phone ブラウザバージョン3.0以降
メールアドレス追加

ご利用に合わせメールアドレスの追加が可能です。

【メールアドレスの設定に関して】
  • メールアドレスのアカウント部分(@より左側)の文字は2文字以上15文字以内
  • メールパスワードは8文字以上16文字以内
  • メールアドレスのアカウントに「-(ハイフン)」「.(ピリオド)」「_(アンダースコア)」の3種がご利用可能です(ただし先頭文字は必ず英数字)
  • メールアドレスのアカウントにすべて数字のアカウント設定が可能です
  • メールアドレスのアカウントとパスワードが同じものは利用できません
  • メールアドレスアカウントの先頭に記号を設定することはできません。(例 -abcd@)
  • メールアドレスアカウントの最後を記号にすることはできません。(例 abcd-@)
  • メールアドレスアカウントに記号記号と続けて設定することはできません。(例 a--bcd@)
メールサブドメイン追加

ご利用に合わせメールアドレスの追加が可能です。

通常、username@"お客様のドメイン名".co.jpというメールアドレスをお使い頂いていますが、username@"サブドメイン"."お客様のドメイン名".co.jpというように、サブドメインを用いたものも、お使い頂けます。

営業部門ではusername@sales."お客様のドメイン名".co.jp、経理部門ではusername@acct."お客様のドメイン名".co.jpというような使い分けが可能になります。

サブドメイン名をご利用の場合は新規でメールサーバレンタル へのお申込頂くのと同等の扱いとさせていただきます。予めご了 承いただきますようお願いいたします。

メールアドレス削除

不要になりましたアカウントを削除します。
月末(弊社必着)までの申請で申請月削除となります。

DNSサーバ設定

ネームサーバの設定変更を行います。 サーバレンタルや専用線接続の際にネームサーバの設定変更が 必要な場合にお申込みいただけます。

【お申込みいただける項目】
  • ネームサーバ移設(プライマリ・セカンダリ)
  • ネームサーバ追加・削除
  • ネーム項目設定(例:A/PTR/MX/NS/CNAME)

ページの先頭へ

料金表

【標準メールアドレス1アドレス/容量100MB】
初期費用
20,000 円(税抜)
・メールサーバ開設費用
・ネームサーバ開設費用
・メールアカウント作成費用(1アカウント)
月額費用
5,400 円(税抜)
・メールサーバ利用料(1アカウント)
・サーバ保守費用
【ドメイン名取得費用】
取得費用
20,000 円(税抜)
※ 維持費用
無料※

汎用JPドメインのみ9,000 円(税抜)となっております。

メールサーバレンタル利用の場合は年間維持費用無料です。

請求の際は、税込み価格の1円未満を切り捨てます。ご利用サービスの組み合わせ、契約数により請求総額と税込み価格の合計に差が生じることがございます。

ページの先頭へ

オプションサービス

【迷惑メールフィルタリングサービス】
着信したメールを自動認識し、意図しない勧誘や嫌がらせなどの「迷惑メール」の振り分けをおこない、別サーバに隔離することができるサービスです。
初期費用
3,000 円(税抜)/1ドメイン(10アカウント単位)
月額費用
250 円(税抜)/1アカウント
※お申込単位は、10アカウント単位となります。
【迷惑メールチェックサービス】
不要なダイレクトメールや嫌がらせのメールなど、受信したくない「迷惑メール」をサーバー側で自動判定しチェックすることを目的としたサービスです。
設定費用
2,000 円(税抜)/1ドメイン
月額費用
100 円(税抜)/1アカウント
■設定申請時
25日(当日消印有効)迄の申請で月額利用料金には翌月より反映されます。

■解除申請時
月末迄の申請で月額利用料金には翌月より反映されます。
解除費用
2,000 円(税抜)/1ドメイン

ドメイン単位でのお申し込みが必要です。

【ウイルスチェックサービス】
受信メールについてのウイルスチェックサービスです。
設定費用
0 円
月額費用
0 円
【DTI Tools】
ブラウザソフトから弊社のメールサーバにアクセスできるWebツールです。
設定費用
0 円
月額費用
0 円
【メールアドレス追加】
ご利用に合わせメールアドレスの追加が可能です。
設定費用
1,000 円(税抜)
月額費用
400 円(税抜)

25日(当日消印有効)迄の申請で月額利用料金には翌月より反映されます。

【メールアドレス削除】
不要になりましたアカウントを削除します。
月末(当日消印有効)迄の申請で月額利用料金には翌月より反映されます。
削除手数料
500 円(税抜)/個
【DNSサーバ設定】
ネームサーバの設定変更をおこないます。
設定費用
3,000 円(税抜)/20レコードまで(申請1回毎)

請求の際は、税込み価格の1円未満を切り捨てます。ご利用サービスの組み合わせ、契約数により請求総額と税込み価格の合計に差が生じることがございます。

ページの先頭へ

お申し込み方法

STEP1

サービス内容を確認してください。

サービス  料金  FAQ

STEP2

書面にてお申込みください。
※ 申込書は郵送でお送りください。FAXでの申込みはお受けしておりません。

迷惑メールチェックサービスをお申し込みいただく際、以下の注意事項を事前にご確認いただきますようお願いいたします。

  • サービス申込書にてご申請いただいた後、お手元に設定完了通知書が到着しましたら専用ページへアクセスし、メールアドレス毎に迷惑メールチェック機能のご利用を設定していただく必要がございます。
  • 専用ページで本サービスのご利用を設定後にサーバへ到着したメールより、迷惑メールのチェック結果が反映されます。
  • 本サービスは、受信したメール内容を実績のある迷惑メールデータベースを利用して分析し、迷惑メールか否かを判定するサービスです。100%迷惑メールを判定(検出)できるわけではございません。また、受信したメールの内容によっては、誤って迷惑メールと判定してしまう可能性もありますので、予めご承知ください。
  • 転送サービスをご利用され、弊社のメールサービスから他のメールアドレスへ転送される際も、迷惑メールのチェック結果が反映されます。
  • ドメイン単位でのお申し込みが必要となり、本サービス利用有無に関わらずドメイン配下の全アカウント数でご請求させていただきます。
  • 本サービスでチェックされたメールをお使いのメールソフトで振り分けるには、メールソフトでの設定が必要です。代表的なメールソフトでの設定はこちらをご覧ください。

お申し込み

ページの先頭へ

FAQ

Q. メールを受信する際に、パスワードがエラーになってメールが受信できません。

A. username@domain.co.jpというメールアドレスの場合、メールID(POPログイン名)は、通常、usernameのようになりますが、メールサーバレンタルではusername@domain.co.jpのようになります。

ページの先頭へ

Q. メールの送信が行えません。
メールを受信したり、ブラウザでホームページを見たりはできるのですが。

A. 弊社のSMTPサーバ(メール送信用サーバ)は、不正な利用を避けるために一定の制限をかけております。本サービスでご契約のメールアドレス以外では弊社のSMTPサーバをご利用いただけませんので、ご注意ください。

ページの先頭へ

Q. メールをダウンロードしている途中で切れてしまいます。

A. 大きなサイズのメールが届いていると、ダウンロードに時間がかかる上、ダウンロードしている途中で接続が切れてしまうことが多くあります。フリービット クラウドインフラ コンサルティングセンター( 0570-012275 平日9:00-18:00 )にお問い合わせください。

また、サーバのメールボックスにメールが沢山保存された状態でも、同様のことが起こります。一度ダウンロードしたメールは、なるべくサーバから削除するようにお願いいたします。

ページの先頭へ

迷惑メールフィルタリングサービス FAQ

Q. 必要なメールが「迷惑メール」と認識されてしまった場合、読むことはできるのできますか?また、以後受信することができるようにするためにはどうすればよいのですか?

A. 学習型フィルター機能の設定誤りや、ポイント(学習度合い)が低い状態などで誤った認識をされてしまった場合でも、利用者ごとに専用サイトからブラウザー経由で「迷惑メールボックス」にアクセスし、読むことができます。また、迷惑メールと判断されないようにするには、以下の2つの機能があります。

1.利用者が「セーフリスト」に該当アドレスを設定する。
2.利用者が「通常メール学習アドレス」にメールアドレスを転送し「通常メール(非迷惑メール)」として学習させる。

ページの先頭へ

Q. 迷惑メールボックスの保存期間および容量は?

A. 利用者ごとに次のように保存されます。保存メールは利用者ごとに専用サイトからブラウザー経由で確認できますので、確認が済んだものから順次削除されることを推奨します。

期間 未読、既読ともに30日間。30日間を越えたものは自動削除
容量 最大5MBまで


ページの先頭へ

Q. 全社を対象に特定アドレスを迷惑メールと判定しないようにすることは可能ですか?

A. 全社を対象に一律でセーフリストを設定する機能はありません。各利用者が利用者画面にログインし設定してください。

ページの先頭へ

Q. 迷惑メールボックスの5MBですが、容量を超えた場合にはどうなりますか?

A. 容量を超えた場合は古いメールから削除されます。

ページの先頭へ

Q. セーフリスト、受信拒否リストはそれぞれ何件まで登録可能ですか? また、超えた場合はどうなりますか?

A. 各利用者ごとにそれぞれ100件までアドレスを登録することが可能です。

「@+ドメイン」で登録することでドメインでの登録も可能です。超えた場合は追加ができなくなります。登録されていないアドレスまたはドメインから届いた迷惑メールは一度迷惑メールボックスに隔離されますので、必要があればお客様ご自身で削除してください。

ページの先頭へ

Q. 迷惑メールレポートの差出人アドレスは固定ですか?

A. フリービット クラウドインフラ コンサルティングセンターからのアドレス固定となります。

ページの先頭へ

Q. 配送先のメールサーバーを複数登録することは可能でしょうか?

A. できません。

ページの先頭へ

Q. キーワードによってフィルターを掛ける事は可能ですか?

A. できません。
受信を拒否するアドレス(ドメイン)を指定し、合致した場合にメールを破棄する「受信拒否アドレス」登録機能を備えています。

ページの先頭へ

 迷惑メールチェックサービス FAQ

Q. 迷惑メールチェックサービスとはどのようなサービスですか?

A. お客様のメールボックスに届く迷惑メールと判断されたメールに対して、ヘッダー情報や件名にラベリングすることができるサービスです。これにより、お使いのメールソフトにて迷惑メールと判断されたメールを振り分けていただくことが可能です。

ページの先頭へ

Q. 迷惑メールチェックサービスの利用にパソコンの設定を変更する必要はありますか?

A. 迷惑メールチェックサービスの利用にパソコンの設定を変更する必要はありますか? A. 迷惑メールと判定されたメールを振分けるために、お使いのメールソフトにて振分け設定をしていただく必要がございます。詳しくは、メールソフトの振分け設定方法をご覧ください。

ページの先頭へ

Q. 今使っているメールソフトで利用できますか?

A. メールの振り分け機能があるメールソフトであればご利用いただけます。詳しくは、メールソフトの振分け設定方法をご覧ください。

ページの先頭へ

Q. 迷惑メールと判断された場合、どのように処理されますか?

A. ヘッダー情報や件名に以下の情報を付加することが可能です。
ヘッダー情報 ⇒ 「X-DTI-Spam-Flag:」と付加されます
件名 ⇒ 件名の前に「[meiwaku]」と付加されます

ページの先頭へ

Q. 迷惑メールを100%判定できるのですか?

A. 迷惑メールは、受信者の感性によって違うものですから、100%判定できるわけではありません。

ページの先頭へ

Q. 既にメールサーバレンタルサービスを利用していますが、迷惑メールチェックサービスを申し込むことができますか?

A. はい。注意事項をご確認のうえ、オプション申込書にてお申し込みください。

ページの先頭へ

Q. 迷惑メールの判定基準は?

A. 迷惑メール判定は Cloudmark社の検索エンジンを利用しております。世界中のインターネット利用者で形成された、迷惑メール申告ネットワークから収集したデータを基に、メールの解析を行うことで迷惑メールの判定をしています。

ページの先頭へ

Q. 迷惑メールが迷惑メールと判定されていないのですが…。

A. 常に新しい迷惑メールが作成されているため、必ず判定できるとは限りません。 判定エンジンの精度向上のために迷惑メールと判定されなかったメールをご連絡ください。ご連絡方法につきましてはこちらをご覧下さい。

ページの先頭へ

Q. 通常のメールが迷惑メールと判定されたのですが…。

A. 迷惑メールの判定は100%ではございません。そのため通常のメールが迷惑メールと判定される場合があります。判定エンジンの精度向上のために迷惑メールと判定されてしまったメールをご連絡ください。ご連絡方法につきましてはこちらをご覧下さい。

ページの先頭へ

ウィルスチェックサービス FAQ

Q. ウイルスチェックサービスの利用にパソコンの設定を変更する必要はありますか?

A. メールサーバー上でウイルスの検出と破棄を行いますので、受信時のチェックには変更の必要はありません。送信時のチェックには送信メールサーバーの設定変更およびSMTP AUTHの設定を行う必要があります。

ページの先頭へ

Q. 今使っているメールソフトでも利用できますか?

A. 受信時のチェックは現在ご利用のメールソフトがご利用いただけます。送信時のチェックにご利用になる場合は、メールソフトがSMTP AUTHに対応しているかご確認ください。

ページの先頭へ

Q. 受信メールにウイルスが検出された場合、どのように報告されますか?

A. 下記のような内容のウイルスチェック報告メールが届きます。メールにはウイルスを検出したメールのヘッダー情報(送信元や件名などの情報)が「original_mail」という名前で添付されます。
ウイルスが検出された場合

From: DTI Virus Check System <virus-check@dti.ne.jp>
Subject: DTI ウイルスチェック報告
==== dti ウイルスチェック報告 ====
DTI ウイルスチェックサービスにてお客様宛てのメールを検査した結果、
ウイルス感染の可能性があるため以下の処理を実施しました。
メール送信者: ****@*****.***
感染ウイルス名称: W32.Aliz.Worm
感染ファイル名: whatever.exe
処理内容: メールヘッダー以外を破棄しました
元のメールに関する情報はこのメールに添付されています。
--
DTI ウイルスチェックサービス
http://dream.jp/mail/vcheck.html

ウイルスの検出以外の理由により破棄された場合

From: DTI Virus Check System <virus-check@dti.ne.jp>
Subject: DTI ウイルスチェック報告
==== dti ウイルスチェック報告 ====
DTI ウイルスチェックサービスにてお客様宛てのメールを検査した結果、
ウイルス感染の可能性があるため以下の処理を実施しました。
メール送信者: ****@*****.***
判断理由: メールサイズが大きすぎます
判断理由: 圧縮ファイル内にサイズの大きなファイルがあります
判断理由: 添付ファイルの圧縮回数が多すぎます
判断理由: メールが分割送信されています
処理内容: メールヘッダー以外を破棄しました
元のメールに関する情報はこのメールに添付されています。
--
DTI ウイルスチェックサービス
http://dream.jp/mail/vcheck.html

※感染ウイルス名称および詳細に関してはシマンテックのホームページをご覧ください。

ページの先頭へ

Q. ウイルスを検出したメールのヘッダー情報の参照方法が分かりません。

A. 下記にて代表的なソフトの添付メールのヘッダー情報を参照する方法をご案内しております。

ページの先頭へ

Q. 送信メールのウイルスチェックはおこなわれますか?

A. はい、対応しております。利用方法はこちらをご覧ください。

ページの先頭へ

Q. 送信メールにウイルスが検出された場合、どのように報告されますか?

A. 下記内容のウイルスチェック報告がエラーメッセージとして表示されます。

メールがウイルスに感染していた場合
554 5.6.5 VC01 Virus Check Service found VIRUS in your email.
分割されたメールの場合
554 5.6.5 VC02 Partial message.
添付ファイルの圧縮回数が多すぎる場合
554 5.6.5 VC03 Attachment exceeds maximum extract depth.
圧縮ファイル内にサイズの大きなファイルがある場合
554 5.6.5 VC04 Attachment exceeds maximum extract size.
メールサイズが5MBを超えた場合
552 5.2.3 Message exceeds maximum size.


ページの先頭へ

Q. ウイルスチェックサービスを利用すればアンチウイルスソフトは必要なくなりますか?

A. ウイルスの感染経路はメール以外にもファイルのダウンロード、フロッピーディスク・CD-ROMといった媒体を通じてなどさまざまです。アンチウイルスソフトを併用されることをお勧めします。

ページの先頭へ

Q. ウイルスに感染した場合の補償はありますか?

A. 本サービスは全てのウイルス検出を保証したものではありません。検出に対応していないウイルス、未知のウイルス、添付ファイルの形式によっては検出できない場合があります。したがって弊社は本サービスの利用に関していかなる責任も負わず、また損害が発生した場合の補償はできかねます。

ページの先頭へ

Q. ウイルス検出により破棄されたメールや添付ファイルを復元することはできますか?

A. 復元できません。もし大切なメールや添付ファイルが破棄された場合は、送信者に連絡をとりウイルスを取り除いてからもう一度送りなおしてもらってください。

ページの先頭へ

Q. 分割メールがウイルスとみなされるのはなぜですか?

A. サーバー上では分割された状態でウイルスは検出できませんが、お客様のメールソフト上で結合してウイルスになる場合がございますので分割メールは全てウイルスとみなします。なお、ウイルスチェックサービス詳細設定より「チェックせずに受信する」設定が可能です。

ページの先頭へ

Q. 容量の大きなメールを受信する方法はありますか?

A. 本サービスはデフォルト設定では5MB以上のサイズのメールはウイルスとみなしメールが破棄されます。また、分割されたメールもウイルスとみなし破棄されます。5MB以上および分割されたメールを受信したい場合は、詳細設定で「チェックせずに受信する」に設定する必要があります。

ページの先頭へ

Q. 全てのウイルスが検出できるのですか?

A. いいえ。シマンテックウイルススキャンエンジンが対応しているウイルスのみ検出可能です。新種のウイルスなど未知のウイルスはエンジンが対応するまでは検出できません。
また、メールへの添付方法や添付ファイルの圧縮方法によっては検出できない場合があります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Q. 添付ファイルが圧縮ファイルの場合検出はできますか?

A. 以下の圧縮形式の添付ファイルが検出対象となります。
AMG(ArcManager) ※4.0以降は未対応
BinHex(HQX)
GZIP(0-8)
Z(Compress)
LHA/LZH(1,4,5) ※-h2、lh6、lh7には未対応
MIME(Base64)
OLEStructuredStorage(たとえば.doc や.xls)
Microsoft リッチテキスト形式(TNEF)
RTF
TAR
UUE(UUEncode)
ZIP
ARJ
RAR

ページの先頭へ

Q. 暗号化されたメールやパスワード付きの圧縮ファイルからの検出は可能ですか?

A. いいえ、検出できません。暗号化されたメールやパスワード付きの圧縮ファイルの扱いにはご注意ください。

ページの先頭へ

Q. メール本文に直接貼り付けたファイルのウイルス検出はできますか?

A. uuencode形式のみ対応しております。それ以外の方式でエンコードしたものは対応しておりません。

ページの先頭へ

Q. 複数回圧縮したファイルのウイルス検出はできますか?

A. 10回以上繰り返して圧縮されたファイルはウイルスとみなし破棄します。なお、ウイルスチェックサービス詳細設定より「チェックせずに受信する」設定が可能です。

ページの先頭へ

Q. MacintoshやUNIXのウイルスの検出はできますか?

A. 本サービスはWindowsおよびDOSに感染するウイルスの検出に対応しています。マクロウイルス以外のMacintoshファイルのウイルスおよびLinux等これら以外のOSを対象としたウイルスについては対応しておりません。

ページの先頭へ

DTI Tools FAQ

Q. 送信箱がありません。

A. 送信箱の機能はありません。送信メールを確認したい場合は、送信時に 「自分宛にもBccで送る」にチェックを入れ送信することにより自分宛にも送信できます。

ページの先頭へ

Q. メールのソート、検索機能はありませんか?

A. 申し訳ございません。現在のところサポートしておりません

ページの先頭へ

Q. HTMLメールの表示に対応していますか?

A. セキュリティの問題がありますので、対応しておりません。

ページの先頭へ

Q. アドレス帳には何件まで登録できますか?

A. 最大30件まで登録できます。

ページの先頭へ

Q. 本文は何文字まで入力できますか?

A. 送信可能なメールのサイズは本文10,000文字、添付ファイル1MBまでです。それ以上のサイズのメールは送信時にエラーになります。

ページの先頭へ

Q. 頻繁にログインしなおしてください、とエラーがでます。

A. メール機能を使い終わりましたらメール画面内の「終了」からセッションを切断してください。

ページの先頭へ

Q. 普段使っているメールソフトで受信するとAnother session is active.とエラーがでます。

A. DTI Toolsからメールを確認した後に、メール画面内の「終了」をクリックしてセッションを切断すればエラーは回避できます。
エラーが発生した場合は、しばらく時間をおいてから再度、受信をお試しください。

ページの先頭へ

Q. 大きなサイズのメールが表示できません。

A. 受信可能なメールの大きさは2MBまでです。それ以上のメールは本文の表示、返信・転送の動作を行うことができません。

ページの先頭へ

Q. メールを削除するとメールサーバからも削除されるのですか?

A. はい。メールサーバから削除されますので、その後どのような方法でも受信することは出来なくなります。

ページの先頭へ

Q. ウイルスチェックサービスから送信されるウイルスチェック報告に添付される元メールのヘッダー情報はどのように参照したらよいでしょうか?

A. 「ヘッダ表示」で添付メールのヘッダ情報も参照可能です。該当のメールの件名「DTI ウイルスチェック報告」をクリック→「ヘッダON/OFF」をクリックし、ヘッダのON/OFFを切り替え、ページ後半のヘッダ情報の英文にて「件名 :(元メールの件名)」以下の情報がウイルスメールのヘッダ情報となります。

ページの先頭へ

Q. ファイル名が全角、半角カナ文字の添付ファイルを保存するとファイル名が変わってしまいます。

A. InternetExplorer以外のブラウザでは添付ファイル名に全角、半角カナ文字が含まれると場合、保存する際のファイル名が正しく設定されません。ダウンロードの前後にファイル名を修正してご利用ください。

ページの先頭へ

Q. メールのFromは変更できませんか?

A. 変更できません。

ページの先頭へ

Q. 「Mail パスワード登録」とは?

A. 本サービスで登録するMailパスワードは、DTI Toolsに保存されているメールログイン用のパスワードです。DTI Toolsから普段使われているメール受信用のパスワードを変更することはできません。 DTI Toolsが一つのメールクライアントと考えてください。

ページの先頭へ

Q. 登録抹消後に再登録しましたが以前、使っていたアドレス帳、ブックマークが消えてしまいました。

A. 利用中設定したアドレス帳、ブックマークなどの情報は登録抹消と同時に削除されます。再登録された場合も復活することはできませんので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Q. 利用環境を教えてください。

A. Windows
OS: windows 98/Me/2000/XP
ブラウザ: Microsoft InternetExplorer 5.0以降、Netscape Navigator 4.75以降

Macintosh
OS: Mac OS 7.5.5以降
ブラウザ: Microsoft InternetExplorer 5.0以降、Netscape Navigator 6以降

ページの先頭へ

Q. 携帯電話でも利用できますか?

A. 携帯電話対応機能へのご登録を頂ければ携帯電話でDTI Toolsがご利用頂けます。対応携帯電話と登録方法については携帯電話対応機能のページをご覧ください。
> >【携帯電話対応機能のページはこちら】

ページの先頭へ

Q. DTI Tools用パスワードを忘れた場合はどうしますか?

A. 【こちら】で再設定が可能です(DTI Tools パスワード再設定)

ページの先頭へ

会員サポート情報はこちら

新規のお客様資料請求はこちら
フリービット クラウドインフラ コンサルティングセンター 0120-776-903
メールでのお問い合わせ 資料ダウンロード

ご利用方法に合わせてサービスをお選びいただけます

フリービット株式会社

事例紹介