ホーム  >  サービス  >  ホスティング  >  専用ホスティング  >  Blade Server PM1.8G

Blade Server PM1.8G

  • ご提供プラン
  • 料金表
  • お申し込み方法
  • FAQ

ご提供プラン

サービス概要

フリービットグループが誇る超高速バックボーンに直結している、インターネット・エクスチェンジ直下のデータセンターインフラでご提供する専用レンタルサーバサービスです。
お客様だけの専用サーバなので、標準装備のWWWやメールアドレスを、ご自由にご利用いただくことが出来ます。
不慣れなUNIXの知識等は一切不要、すぐれたユーザーインターフェースで誰でも運用が出来、設定後すぐにご利用が可能です。

特長1

安定したブロードバンドインターネット接続環境をご提供します!
  • 最大10Mbpsの接続を転送量無制限でご提供

特長2

ワンランク上のセキュリティ・運用サービスをご提供します!
  • メールアンチウィルス
  • ファイアーウォールサービス
  • IPアドレスファイタリングサービス
  • セキュリティパッチインストール代行

特長3

障害を素早く検知し、迅速な保守サービスをご提供します!
  • 死活監視サービス、ポート監視サービス
  • 24時間365日電話受付、障害1次復旧対応

特長4

ハードディスク、電源ユニットの2重化で安心、高品位のサーバをご提供します!
CPU
PentiumR M 1.8GHzのハイスペック!
RAM
2GB の大容量!
HDD
40GB x 2 (HotPlug対応 RAID1)の安心構成!
電源ユニット
2重化(冗長化)の安心構成!

特長5

最新で多彩なソフトウェアを満載し卓越した管理ツールをご提供します!
OS
Red Hat Enterprise Linux 3
管理ツール
HDE Controler 4 ISP Edition
( 主なサーバー管理機能 )
Webサーバ機能 / Webサーバアクセス統計 / 電子メールサーバー機能
メーリングリスト機能 / FTPサーバー機能 / SSHサーバー機能
ユーザ領域バックアップ機能 / ログの閲覧

ページの先頭へ

オプションサービス

  • 迷惑メールフィルタリングサービス
  • 端末型IPアドレス追加(最大1個迄)
  • オプション作業サービス(電源 OFF/ON)
  • サーバ初期化
  • liパスワード初期化
  • VeriSign SSL代理申請
  • ドメイン取得サービス(属性、gTLDドメイン)
  • ドメイン取得サービス(汎用ドメイン)
  • IPアドレスフィルタリング設定サービス
  • アンチウィルスソフト

ページの先頭へ

料金表

基本サービス
  Blade Server PM1.8
Internet接続
最大10Mbpsを転送量無制限でご提供致します。
標準サービスでご提供致します。
標準サービスでご提供致します。
標準サービスでご提供致します。
標準 root権限 となります。
※有料オプションで委託も可能です。
CPU
IntelR PentiumRM 1.8GHz
メモリー
2GB
ハードディスク
40GB x 2( HotPlug対応RAID1)
OS
Red Hat Enterprise Linux ES 3
管理ツール
管理ツールのデモ画面
ソフトウェアアップデート
利用可能なIPアドレス数
標準1個
(追加オプションにより 5個、13個を初期契約時に選択できます)
IPアドレスの名義
DTI 名義
(5個、13個のIPアドレスを割り当てる追加オプション契約時には、お客様名義)
IPアドレスの逆引き
お客様所有ドメインを用いた、ホスト名を設定します。
ホスト名の正引き
ネームサーバは、別途ご用意ください。
ご契約いただくサーバでも1台分のネームサーバとしてご利用できます。
弊社でも、DNSサーバのアウトソースサービス(レンタルDNSサービス)を行っております。
ユーザマニュアル(PDF)
こちらをご覧ください。
初期費用
80,000 円(税抜)
月額費用
60,000 円(税抜)
オプションサービス
  Blade Server PM1.8
迷惑メールフィルタリング サービス
初期費用:3,000 円(税抜)/1ドメイン
月額費用:250 円(税抜)/1アカウント
※お申込単位は、10アカウント単位となります。
root(ソフトウェアアップデート)委託
月額費用:10,000 円(税抜)
※初期契約時にのみお申込を受け付けます。
IPアドレス追加設定(5個/29)
初期費用:1,000 円(税抜)
月額費用:5,000 円(税抜)
※初期契約時にのみお申込を受け付けます。
IPアドレス追加設定(13個/28)
初期費用:1,000 円(税抜)
月額費用:10,000 円(税抜)
※初期契約時にのみお申込を受け付けます。
サーバ初期化
その都度:50,000 円(税抜)
※IPアドレスの再設定作業のご対応も含めます。
パスワード初期化
「 root 」 →その都度:50,000 円(税抜)
「 lcadmin(準root権限)」 →その都度:5,000 円(税抜)
SSL代理申請
30,000 円(税抜) + 実費
ドメイン取得サービス
(属性、gTLDドメイン)
初期費用:20,000 円(税抜) /
次年度以降更新費用:10,000 円(税抜)
ドメイン取得サービス
(汎用ドメイン)
初期費用:9,000 円(税抜) /
次年度以降更新費用:10,000 円(税抜)
15,000 円(税抜)(20ポリシー迄)

詳細はこちらをご参照ください。
関連サービス
  Blade Server PM1.8
初期費用:3,000 円(税抜) / 月額費用:2,000 円(税抜) ※ゾーン毎の契約

詳細はこちらをご参照ください。
初期費用:3,000 円(税抜)/ 月額費用:2,000 円(税抜) ※ゾーン毎の契約

詳細はこちらをご参照ください。

ページの先頭へ

FAQ

Q. ディスクやメモリの増設は可能ですか?

A. 基本スペックのみの提供となります。

ページの先頭へ

Q. データ転送量に制限はありますか?

A. 制限はありません。

ページの先頭へ

Q. サイトのホームページのコンテンツデータはどこのディレクトリにアップロードしたら良いですか?

A. サイトのホームページは、下記のディレクトリにアップロードをする必要があります。

http:/home/lcvirtualdomain/<サイト名>/htdocs
https:/home/lcvirtualdomain/<サイト名>/htdocs_ssl

このディレクトリにファイルをアップロードできるのは、各バーチャルドメインの admin アカウントだけです。

ページの先頭へ

Q. DNS の設定を切替える前にバーチャルドメインのWebコンテンツの確認をする方法はありますか?

A. お客様が確認に使用するパソコンの「hostsファイル」を修正しブラウザでアクセスをする事で確認が出来ます。
パソコンの OS が Windows の場合の「hostsファイル」は、下記のディレクトリにあります。

Windows2000/XP : C:\WINNT(またはWindows)\system32\drivers\etc
Windows98 : C:\Windows

【 hostsファイル書式サンプル 】
<IPアドレス> <タブ文字もしくは半角スペース> <ホスト名>
192.168.1.2 www.example.co.jp
192.168.1.3 www2.example.co.jp

ページの先頭へ

Q. sendmail,perlのパスを教えてください。

A. sendmail,perlのパスは下記になります。
/usr/sbin/sendmail
/usr/bin/perl

ページの先頭へ

Q. sendmailコマンド利用時に必要な設定を教えてください。

A. CGI 等でメール送信にsendmailコマンド(qmail 付属の sendmail 互換プログラム)を使用する場合、下記の点についてご確認ください。

  • 使用できる引数は、-t -f -F -bp -bs です。
  • 送信先として複数のメールアドレスを指定する場合は、半角スペースで区切るようにしてください。
  • 実在しないホスト名をつけている為、送信先のSMTPサーバにて拒否される場合があります。この場合、引数 -f を用いて、バーチャルドメイン内に実在するメールアドレスをenvelope-fromに付与してください。

ページの先頭へ

Q. フリービットで提供しているNTPサービスはありますか?

A. 弊社で提供しているNTPサービスは現在、ございません。
独立行政法人通信総合研究所が試用サービス提供しているものとしては下記のサービスがございますので、ご参考にして頂ければと思います。

「独立行政法人通信総合研究所ホームページ」
http://www.jst.mfeed.ad.jp/

ページの先頭へ

Q. ファイアーウォールサービスはありますか?

A. 標準でご提供しております。サービス詳細は下記URLをご参照ください。
http://biz.freebit.com/service/feel6_connect/security/firewall/index.html

IPアドレスのフィルタリング設定と組み合わせて運用頂く事により、より安全なサーバ環境を構築頂く事が可能となります。

ページの先頭へ

Q. データのバックアップは可能ですか?

A. 管理インターフェイスから行うことができます。

ページの先頭へ

Q. Shell(Telnet/SSH)は利用できますか?

A. お客様にて、管理用WebブラウザインタフェースのGUIにより利用有無の設定を選択頂けます。

※ Shellでのサーバ運用は、IPアドレスフィルタリングを行った上で、暗号化されているSSHのご利用をお勧めいたします。

ページの先頭へ

管理インターフェイスについて

Q. HDE Controller Linux版 ISP Editionのデモなどありますか?

A. 下記、HDE社ホームページに掲載してあります。

http://www.hde.co.jp/demo/hc4isp/

ページの先頭へ

Q. HDE Controller Linux版 ISP Editionのマニュアルを見ることは出来ますか?

A. 下記、HDE社ホームページに掲載してあります。

http://www.hde.co.jp/controller/support/doc/

ページの先頭へ

Q. HDE Controller Linux版 ISP Editionのメニューにあるものは全て利用できますか?

A. テープバックアップなど一部ご利用いただけない機能がございます。GUI管理ツール(HDE Controller)で、「セキュリティ」「SNMPエージェント」、また類似した機能を、お客様にて設定いただいた場合は、弊社の監視サービスをご提供できませんのでご了承ください。サーバへのアクセス制御をご希望の場合は、ネットワーク上流のファイアウォールでご提供するオプションサービス「IPフィルター設定」をご検討いただく事をご推奨いたします。

ページの先頭へ

Q. サーバ管理権限はどのような内容になっていますか?

A. サーバ管理権限は、標準では 最上位権限(root )にて、ご提供しています。
詳細は下記URLに掲載しております。

http://biz.freebit.com/service/feel6_vdc/hosting/dedicate/pm18/index.html

管理権限により、サービスの利用範囲と、弊社のサポート範囲も変ってきますので、内容をご理解の上、選択してください。

ページの先頭へ

Q. バーチャルドメイン内で作成ができないユーザ名はありますか?

A. 特にありません。

※ 以下のユーザ名は作成をしない事を推奨します。
(システム内ユーザとして登録されているユーザ名やグループ名)

adm, admin, alias, apache, bin, canna, daemon, desktop, dip, disk,
floppy, ftp, games, gopher, halt, ispadmin, kmem, lcadmin,
lcvirtualdomain, lock, lp, mail, mailnull, majordomo, man, mem,
named, netdump, news, nfsnobody, nobody, nofiles, nscd, ntp,
operator, pcap, postdrop, postfix, qmail, qmaild, qmaill, qmailp,
qmailq, qmailr, qmails, root, rpc, rpcuser, rpm, shutdown, slocate,
smmsp, squid, sshd, sync, sys, tty, users, utmp, uucp, vchkpw,
vcsa, vpopmail, webalizer, wheel, wnn, xfs

ページの先頭へ

Q. バーチャルドメイン内で作成するユーザ名の文字制限はありますか?

A. 以下のルールを推奨しております。

文字数:
1文字以上、12文字以下
使用可能文字:
半角の英小文字、数字、ピリオド (.)、ハイフン (-)、アンダースコア (_)
最初の一文字:
英小文字
記号連続使用:
不可
その他 :
最後の一文字の記号使用は不可

実際の仕様は以下のとおりとなっております。

文字数:
1文字以上、32文字以下
使用可能文字:
半角の英小文字、数字、ピリオド (.)、ハイフン (-)、アンダースコア (_)
最初の一文字:
英小文字 (パスワードの一文字目は数字や記号も可能)
記号連続使用:

ページの先頭へ

Q. バーチャルドメイン名の文字制限はありますか?

A. HDE Controller の仕様は以下のとおりとなっております。

文字数:
1文字以上、254文字以下 (gTLD, ccTLD の SLD を含む)
使用可能文字:
半角の英小文字、半角の英大文字、数字、ピリオド (.)、ハイフン (-)
最初及び最後の一文字 :
記号の利用 (ピリオド (.)、ハイフン (-)) は不可
記号連続使用:
不可

ページの先頭へ

Q. バーチャルドメイン内ユーザのCSV一括登録は可能ですか?

A. 可能です。
書式は以下のとおりとなります。

ユーザ名,平文パスワード,本名など(付加情報),アカウントが所属するグループ名,
ログインシェル,転送メールアドレス,メールパスワード,メール設定(-1:不可/0:POP&APOP/1:APOP),
ユーザの有効期限(YYYY,MM,DD),FTPログインの可否(0:可/1:不可),メールスプール制限容量(bytes),
DISK制限容量(kBytes),iノード制限数,DISK超過許容量,(kBytes),iノード超過許容数

ページの先頭へ

Q. バーチャルドメイン内ユーザのCSV一括登録時の注意点はありますか?

A. 1.CSV一括登録時にパスワードを省略すると、パスワードはランダムに登録されます。
2.CSV一括登録時に任意のグループ名を表記してもバーチャルドメイン名で設定されます。
3.「CSV一括ユーザー保存」でダウンロードしたCSVファイルをそのまま使用して「CSV一括ユーザー保存登録」にてユーザ追加をする事は出来ません。
(ダウンロードしたCSVファイルのグループ名が "@バーチャルドメイン名"(例 : @example.co.jp) となっており、グループ名の最初の一文字目が半角の英小文字ではないので、CSV 登録時には、グループ名を省略する事により、ユーザ追加が可能となります)

ページの先頭へ

Q. バーチャルドメインのCSV登録は可能ですか?

A. 可能です。
書式は以下のとおりとなります。

ドメイン名,ドメインタイプ(IP/NAME),IPアドレス,管理者(admin)パスワード,
DNSタイプ(master/slave),アカウント制限数,メーリングリスト制限数,
メールスプール容量制限[MB],Web帯域制限,最大DISK容量,セキュアWebサーバポート,
メールサーバ名

ページの先頭へ

Q. バーチャルドメインの 管理アカウントのパスワードが分からなくなった場合は?

A. root@バーチャルドメイン(※)で、管理インターフェイスにLoginして頂ければ、パスワード上書きができます。
※Loginする際のパスワードは、root と同じものになります。
ご提供している、管理アカウントが「lcadmin」の場合でも同様の対応となります。

ページの先頭へ

迷惑メールフィルタリングサービスについて

Q. 必要なメールが「迷惑メール」と認識されてしまった場合、読むことはできるのできますか?また、以後受信することができるようにするためにはどうすればよいのですか?

A. 学習型フィルター機能の設定誤りや、ポイント(学習度合い)が低い状態などで誤った認識をされてしまった場合でも、利用者ごとに専用サイトからブラウザー経由で「迷惑メールボックス」にアクセスし、読むことができます。また、迷惑メールと判断されないようにするには、以下の2つの機能があります。
1.利用者が「セーフリスト」に該当アドレスを設定する。
2.利用者が「通常メール学習アドレス」にメールアドレスを転送し「通常メール(非迷惑メール)」として学習させる。

ページの先頭へ

Q. 迷惑メールボックスの保存期間および容量は?

A. 利用者ごとに次のように保存されます。保存メールは利用者ごとに専用サイトからブラウザー経由で確認できますので、確認が済んだものから順次削除されることを推奨します。

期間
未読、既読ともに30日間。30日間を越えたものは自動削除
容量
最大5MBまで


ページの先頭へ

Q. 全社を対象に特定アドレスを迷惑メールと判定しないようにすることは可能ですか?

A. 全社を対象に一律でセーフリストを設定する機能はありません。各利用者が利用者画面にログインし設定してください。

ページの先頭へ

Q. 迷惑メールボックスの5MBですが、容量を超えた場合にはどうなりますか?

A. 容量を超えた場合は古いメールから削除されます。

ページの先頭へ

Q. セーフリスト、受信拒否リストはそれぞれ何件まで登録可能ですか? また、超えた場合はどうなりますか?

A. 各利用者ごとにそれぞれ100件までアドレスを登録することが可能です。

「@+ドメイン」で登録することでドメインでの登録も可能です。超えた場合は追加ができなくなります。登録されていないアドレスまたはドメインから届いた迷惑メールは一度迷惑メールボックスに隔離されますので、必要があればお客様ご自身で削除してください。

ページの先頭へ

Q. 迷惑メールレポートの差出人アドレスは固定ですか?

A. フリービット クラウドインフラ コンサルティングセンターからのアドレス固定となります。

ページの先頭へ

Q. 配送先のメールサーバーを複数登録することは可能でしょうか?

A. できません。

ページの先頭へ

Q. キーワードによってフィルターを掛ける事は可能ですか?

A. できません。

受信を拒否するアドレス(ドメイン)を指定し、合致した場合にメールを破棄する「受信拒否アドレス」登録機能を備えています。

ページの先頭へ

契約、運用について

Q. セキュリティパッチのインストールはどうするのですか?

A. サービス申込み時にご選択いただく管理権限により運用が異なります。
「root権限」:標準 → お客様にて実施(※1)
「lcadmin(準root権限) 」:有償 → 弊社にて実施(※2)
※1、お客様にて、アップデートを行う場合の方法は、管理インターフェイスより行う事が可能です。サポートされているソフトウェアは、OS(RedHat EnterPrise Linux ES3)と、管理ツール(HDE Contolloer 4 ISP Edition)で提供されているソフトウェアになります。
※2、「レッドハット社」及び「HDE社」より提供されるソフトウェアアップデートを別途定める免責の元に弊社で代行インストールを行います。

ページの先頭へ

Q. 死活監視(ping)、サービス監視のサービスはございますか?

A. 標準サービスでご提供しております。

ページの先頭へ

Q. フリービットの受付窓口の対応時間はどうなっていますか?

A. 下記のようになっています。

【 サービス内容や契約内容に関してのお問い合わせ先 】
フリービット クラウドインフラ コンサルティングセンター
ご対応時間: 平日 9:00 - 18:00
Phone : 0570-012275
E-Mail: fbc-support@FreeBit.NET
【 技術的な内容に関してのお問い合わせ先 】
フリービット クラウドインフラ コンサルティングセンター
ご対応時間: 平日 9:00 - 18:00
Phone : 0570-012275
E-Mail: fbc-biz@freebit.net

【 障害に関してのお問い合わせ先 】
フリービット フリービットクラウド 障害サポートセンター
ご対応時間: 365日24時間
※問合せ先の電話番号/メールアドレス等の情報は、サービスのご契約後にご案内致します。
<対応内容>
・復旧1次対応:24時間365日復旧1次対応とは、電源OFF/ON(サーバリブート)等の作業となります。
・復旧2次対応:平日10:00 - 17:00
復旧2次対応とは、機材交換、ソフトウェア再インストール等の作業となります。

ページの先頭へ

会員サポート情報はこちら

新規のお客様資料請求はこちら
フリービット クラウドインフラ コンサルティングセンター 0120-776-903
メールでのお問い合わせ 資料ダウンロード

ご利用方法に合わせてサービスをお選びいただけます

フリービット株式会社

事例紹介