ホーム  >  サービス  >  ブロードバンドVPN  > セキュリティオプション(ウイルスチェック URLフィルタリング)

M-plus! VPN

  • ご提供プラン
  • 料金表
  • お申し込み方法
  • FAQ

ご提供プラン

セキュリティオプションとは?

「セキュリティオプション」とは、VPN網とインターネット網とのゲートウェイで、「ウイルスチェック」や「URLフィルタリング」を行い一元的にセキュリティを管理することができるサービスです。
「ECO-CONNECT」の「VPN機器レンタルオプション」及び「M-plus! VPN」サービスの付加サービスとしてご利用いただけます。

ページの先頭へ

セキュリティオプションの特長

ウイルスチェック、URLフィルタを定額・低価格で

セキュリティを高めるために必要な「ウイルスチェック」と「URLフィルタリング」。IDごとの課金で、ライセンス管理に悩まされていませんか?「セキュリティオプション」なら、利用者数や端末数にかかわらず何人使っても「定額」。煩雑なライセンス管理や高額な費用に悩まされることもありません。
また、フリービットからエントリーVPNやインターネットVPNで使っているVPN機器をそのまま利用。よって、わずかな追加料金だけで、ゲートウェイセキュリティを実現することができます。

セキュリティ管理の一元化で、インターネットの脅威を低減

ウイルス、不正侵入、情報漏えいなど年々拡大するインターネットの脅威。一方、「今の時代インターネットを利用しないわけにはいかない、、」というジレンマを抱えているシステム担当者の方が多いのではないでしょうか。結局一般的な企業は、インターネットの「リスクを最低限になるよう管理」しながら、インターネットを使い続ける以外にありません。それには、

(1)企業ネットワークとインターネットとの接続点を最小化する
(2)(1)で最小化したインターネットに出入りする最低限のトラヒックについて管理する

必要があります。
(1)では、インターネットの出口をセンター拠点に一元化。センター拠点では、ファイアウォールにより、セキュリティを掛けます。複数箇所からインターネット接続を行う形態では、セキュリティ管理が煩雑になります。また、インターネットを利用する情報、プロトコルは、必要最低限のものに絞ります。通信する内容は、「Web」と「メール」だけにする設定が一般的でしょう。

(2)では、(1)で通信する内容を最低限に絞ったあと、その限定されたトラヒックを管理します。管理するべきは、一般的はWebとメール。これらのセキュリティ管理手法として、「ウイルスチェック」と「URLフィルタリグ」を導入します。 セキュリティオプションは、セキュリティの一元化と制限されたコンテンツの管理を同時に実現することができます。

業界初!(※)[VPN]+[ウイルスチェック、URLフィルタリング]。UTM機能をフル活用

「セキュリティオプション」では、統合型セキュリティ装置(UTM)として、Juniper社SSGシリーズを利用します。ファイアウォール、VPN、ウイルスチェック、URLフィルタリングと様々な機能があるUTM装置ですが、UTM機器で、VPN機能を利用しながら同時にウイルスチェック、URLフィルタリング機能を利用するエントリーVPN及びインターネットVPNサービスは、業界初(※)となります。

※当社調べ

ページの先頭へ

セキュリティオプション構成イメージ

セキュリティオプション構成イメージ

「セキュリティオプション」では、ECO-CONNECTやM-plus! VPNにおいて、センター拠点のゲートウェイとなるVPN装置で、ウイルスチェックやURLフィルタリングを行います。
ECO-CONNECTで利用する場合は、ECO-CONNECT以外に別途インターネット接続用の回線(センター拠点に1回線)が必要になります。

ページの先頭へ

料金表

セキュリティオプション追加料金

サービスメニュー 機器名 オプション区分 初期追加費用
円/台
月額追加費用
円/台
Juniper NETWORKS社
SSGシリーズ
(FW+VPN)
SSG5-SH-BT ウイルスチェック
30,000 円(税抜)
5,000 円(税抜)
URLフィルタリング
30,000 円(税抜)
4,000 円(税抜)
SSG140 ウイルスチェック
30,000 円(税抜)
20,000 円(税抜)
URLフィルタリング
30,000 円(税抜)
16,000 円(税抜)
SSG320M ウイルスチェック
30,000 円(税抜)
25,000 円(税抜)
URLフィルタリング
30,000 円(税抜)
20,000 円(税抜)
VPN機器本体の料金に加え、オプション料金が追加で発生します。
オンサイト設置料金は、VPN機器に準じます。
リモートでの設定変更は、1回あたり15,000円(税抜)の費用が発生します。
URLフィルタリングを申し込んだ場合、URLフィルタリング導入後1ヶ月間に限り、URLフィルタリングの設定変更に関する料金が無償となります。

ページの先頭へ

【参考】VPN機器本体 SSGシリーズレンタル料金
No.
機器名
保守区分
初期費用
設定設置費用
円/台 円
月額/台
1
SSG5-SH-BT
24時間365日
オンサイト保守
65,000 円(税抜)
13,000 円(税抜)
2
SSG 140
24時間365日
オンサイト保守
115,000 円(税抜)
40,000 円(税抜)
3
SSG 320M
24時間365日
オンサイト保守
175,000 円(税抜)
47,000 円(税抜)

「ECO-CONNECT」の「VPN機器レンタルオプション」及び「M-plus! VPN」としての料金です。すでに、SSGシリーズをご利用中またはご利用予定のお客様は、追加で本体の料金が発生することはありません。

ページの先頭へ

お申し込み方法

お申込みにつきましては、「ECO-CONNECT」及び「M-plus! VPN」の申込を参照ください。

ページの先頭へ

FAQ

サービスに関して | 料金・申し込みに関して

サービスに関する質問

Q. ウイルスチェックが可能なプロトコルはなんですか?

A. HTTP,SMTP,POP3,IMAP,FTP,AIM/ICQ,Yahoo! Messenger,Windows Live Messengerとなります。

ページの先頭へ

Q. URLフィルタリングのカテゴリはどのようなカテゴリですか?

A. 以下の計40カテゴリになります。
「アダルト/露骨な性描写」「広告とポップアップ」「芸術、エンターテイメント」「チャット」
「コンピュータとインターネット関連」「犯罪活動/犯罪に関する技術情報」
「違法ドラッグ、アルコール・タバコ」「教育」「ファイナンスと投資情報」
「飲食関連情報とダイニング」「ギャンブル」「ゲーム」「セクシーな服飾と水着」「政治」
「ハッキング」「寛容できないサイトと差別/憎悪」「健康・医学」「趣味・レクリエーション」
「ホスティングサイト」「求職とキャリア開発」「子供向けサイト」「社会生活と文化」
「自動車関連情報」「ニュース」「個人広告と出会い系」「イメージ検索」「不動産」
「参考文献」「宗教」「プロキシーと翻訳サイト」「検索エンジン」
「性教育」「ショッピング」「スポーツ」「ストリーミングメディア」「旅行」
「個人向けニュースサービス」「暴力」「武器」「Webメール」

ページの先頭へ

Q. URLフィルタリングで、ブラックリスト、ホワイトリストの登録は可能ですか?

A. ブラックリスト、ホワイトリストともに登録可能です。

ページの先頭へ

料金・申し込みに関する質問

Q. 「セキュリティオプション」のみ申し込むことができますか?

A. 「セキュリティオプション」は、CO-CONNECT」の「VPN機器レンタルオプション」及び「M-plus! VPN」サービスの付加サービスとなります。よって、「セキュリティオプション」単体で申込を行うことはできません。別途、VPN機器「SSGリーズ」を申し込んで下さい。

ページの先頭へ

Q. すでに、SSGシリーズを契約していますが、「セキュリティオプション」を追加で申し込むことができますか?

A. SSGシリーズをすでに導入済みのお客様でも追加にて、セキュリティオプションを申し込むことは可能です。

ページの先頭へ

Q. 利用する拠点数やユーザ数によって料金は、変動しますか?

A. 拠点数、ユーザ数によらず、定額料金となります。

ページの先頭へ

Q. 最低利用期間はありますか?

A. 基本契約となる、VPN機器本体の契約期間に準じます。
※VPN機器本体の最低利用期間は1年間です。
最低利用期間終了後は、1年単位の自動更新となります。

ページの先頭へ

会員サポート情報はこちら

新規のお客様資料請求はこちら
フリービット クラウドインフラ コンサルティングセンター 0120-776-903
メールでのお問い合わせ 資料ダウンロード

ご利用方法に合わせてサービスをお選びいただけます

フリービット株式会社

事例紹介