ホーム  >  お知らせ  >  MEX、東京大学向け電子メール高速一斉配信システムのプラットフォームを構築

お知らせ

2010年4月12日

MEX、東京大学向け電子メール高速一斉配信システム
のプラットフォームを構築 ~仮想データセンターソリューション
「MeX VDC ENTERPRISE-FARM」を採用~

 メディアエクスチェンジ株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:石田宏樹、以下MEX)及びフリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下フリービット)は、本日4月12日、仮想データセンターソリューション「MeX VDC ENTERPRISE-FARM(以下、ENTERPRISE-FARM)」が、国立大学法人東京大学において構築される電子メール高速一斉配信システムのプラットフォームとして採用されたと発表しました。

 今回、東京大学では、教養学部に在籍する約7000人の学生を対象に、電子メールで災害等の緊急告知を一斉配信するシステムを構築する予定です。ただし、災害時等のみにしか利用されないシステムでは、学生がそもそもメールアドレスを登録しなかったり、アドレスを変更した際に再登録しなかったりといった理由で到達率が下がる懸念があることから、講義の補講・休講情報など学生にとって日常的に有益な情報の配信機能も合わせて装備されています。講義の補講・休講情報等は東京大学内において既に稼働中の学内情報管理システムから抽出を行い、ENTERPRISE-FARM上に新たに構築される電子メール高速一斉配信システムから自動的に送信されます。

 本システムでは災害等の緊急告知が本来の狙いであることから、冗長構成等による耐障害性の高さが求められています。ENTERPRISE-FARMは、データセンターそのものを仮想化するシステム設計の過程において、物理的な二重化・冗長構成を標準的に取り入れておりますので、お客様が構築するシステムでは、設計上、ハードウエア障害などへの対策を特段考慮する必要はありません。

 緊急時の告知という観点から、本システムの要件として、携帯電話向け電子メール1万通を3分以内、それ以外のメール2万通を同じく3分以内にそれぞれ配信完了させることが求められており、配信時には瞬間的にトラフィックが増大することが想定されます。MEXでは、設立以来、他のデータセンター事業者と比較して、コンテンツ配信事業者のご利用が多かったことから、これら事業者が運営するシステムのトラフィックの急激な変化に対応する経験を蓄積してきました。ENTERPRISE-FARMの設計にもそのノウハウは十分活かされており、電子メール高速一斉配信システムを支えるにふさわしい安定したプラットフォームをご提供いたします。

【MeX VDC ENTERPRISE-FARMについて】

 フリービットグループが提供する仮想化システムラインアップ「MeX VDC」における中規模/大規模システム向け仮想データセンターソリューションです。お客様がご希望されるシステム構成に応じて、仮想化したサーバ(仮想マシン)や仮想化したネットワークを用い、データセンターそのものを仮想化することができます。
 運用に際しては、独自開発した「MeX Desktop Data Center」を用い、お客様のオフィスからブラウザー経由で直接コントロールしていただくことが可能です。IPv6標準対応、二重化・冗長構成標準装備、幅広いゲストOSの選択、ロードバランス機能、VPN接続、稼働中の仮想マシンのクローンコピー作成といった充実した機能を標準的にご利用いただけます。
 また、従来はハウジングサービスを用いて運用していたような大規模システムのTCO(Total Cost of Ownership:システムの導入及び維管理費用)削減を実現する新しい情報システムとしても、ご利用いただけるスペック・品質を備えたサービスです。

詳細は以下のURLをご参照ください。

MeXサービスページ:http://feel6.freebit.com/

【お客様からのお問い合わせ】

メディアエクスチェンジ株式会社 営業・カスタマーサービス部
電話番号:03-4306-6543   Mail: info@mex.ad.jp
または、
フリービット株式会社 MeXコンサルティングセンター
電話番号:0120-721-867   Mail: feel6-biz@FreeBit.NET

【メディアエクスチェンジ株式会社について】
 メディアエクスチェンジ(MEX)は、地域系(電力系)通信事業者各社ほかの出資により設立され、1997年9月より東京・池袋において、国内最高水準のネットワーク構築・運用技術を駆使し、付加価値の高いインターネットデータセンター事業を中心としたサービスを提供しています。また、高帯域で高品質なインターネット接続サービス事業等も展開しています。2009年3月にフリービットグループに加わり、仮想化ソリューションの開発において中心的な役割を果たしております。

【フリービット株式会社について】
 フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力によって、クラウド化する社会に対応する「Smart Infra提供事業」を行っています。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない独自のネットワークサービスを展開し、「IT時代のものづくり」をキーワードに新たな価値の創造に努めております。

【報道関係者からのお問い合わせ】
フリービット株式会社 MeX VDC広報担当/佐藤・千葉
Mail: Press@FreeBit.Net 電話番号:03-5459-0522

ページの先頭へ

会員サポート情報はこちら

新規のお客様資料請求はこちら
フリービット クラウドインフラ コンサルティングセンター 0120-776-903
メールでのお問い合わせ 資料ダウンロード

ご利用方法に合わせてサービスをお選びいただけます

フリービット株式会社

株式会社ドリーム・トレイン・インターネット

事例紹介